ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす園芸振興室宮城県オリジナルりんご品種 サワールージュ

宮城県オリジナルりんご品種 サワールージュ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月22日更新

  サワールージュ

「サワールージュ」に関するイベントなど

 「サワールージュ(Sour Rouge)」は,宮城県農業・園芸総合研究所で育成され,平成23年3月15日に品種登録された宮城県オリジナルのりんご品種です。
 サワールージュは酸味がとても強いのが特徴で,アップルパイなどのスイーツ材料に最適です。収穫は,「紅玉」よりも3週間早い9月下旬頃から食べることができます。
 そんなサワールージュをより多くの方々に食べていただこうと,県内のホテルや和・洋菓子店等で味わえる「サワールージュスイーツフェア」と,生果実を販売する「果実販売会」を開催します。

スイーツフェア・果実販売会リーフレット 表面 [PDFファイル/2.63MB]中面 [PDFファイル/3.01MB]

スイーツフェア

  • 開催期間   平成30年10月1日(月曜日)~21日(日曜日)
  • 開催店舗   宮城県内20店舗 

 ※開催店舗・メニュー等詳細については,9月下旬頃までに食材王国みやぎホームページ内の専用ページに掲載する予定です。

 食材王国みやぎホームページhttps://www.foodkingdom-miyagi.jp/

果実販売会

開催場所及び日時

・株式会社仙台秋保醸造所(仙台市)   平成30年9月30日(日曜日) 午前9時30分より 

・農産物直売所 菜果好(気仙沼市)   平成30年10月6日(土曜日) 午前9時00分より

・農産物直売所 あぐりっこ金成(栗原市)平成30年10月7日(日曜日) 午前9時00分より 

※サワールージュがなくなり次第終了。

開催内容

・生産者直売 サワールージュをはじめとする旬の果物を販売します

・試食  生果実,加熱調理した果実の試食を行います

・加工品の販売  アップルパイ等加工品を販売します(場所によって加工品は異なります)。

サワールージュを使ったレシピ

サワールージュのリンゴジャム(レシピ) [PDFファイル/447KB]
【ウエルネスフード・デザイナー斉藤緑里氏(野菜ソムリエ上級プロ) 作成】

サワールージュ 揚げアップルパイ [PDFファイル/193KB]
サワールージュと手羽元の煮込み [PDFファイル/165KB]
サワールージュのサラダ [PDFファイル/197KB]
豚そぼろ丼 [PDFファイル/221KB]
豚の生姜焼き [PDFファイル/202KB]
洋風鶏そぼろ丼 [PDFファイル/280KB]
【株式会社カケルプロジェクト花澤文乃氏 作成】

サワールージュを購入できる生産者・仲卸業者

サワールージュの購入先一覧 [PDFファイル/121KB] 
※生産販売状況により対応できない場合があります。
 

サワールージュの特徴について

概要

  • 「サワールージュ」は、宮城県農業・園芸総合研究所で育成され、平成23年3月15日に品種登録されました。(品種登録番号20602号)。
  • 収穫期  9月下旬から10月上旬    
  • 色 鮮明な赤
  • 特徴 現在、主流になっている「ふじ」、「つがる」に比べて、非常に酸味が強い品種です。「紅玉」より約3週間収穫が早いです。
  • 使い方 アップルパイやシブーストなどのスイーツ、ジャムなど加工に適しています。
  • 生産状況 平成22年から順次、苗木や穂木を宮城県内りんご栽培者に配布し、133名の方に栽培されております(平成29年7月時点)。

<背景・ねらい>

  • 近年、地産地消の意識の高い実需者を中心に、酸味の強いリンゴを求める声が多く、消費者の中にも家庭で加工を念頭に酸味系リンゴを求める人が増えてきています。

 これらのことから、酸味系リンゴ「紅玉」よりも早期の収穫が可能で、さらに「紅玉」の栽培上の欠点を克服した品種の開発を行いました。

<育成経過>

  • 昭和59年昭和59年に「ふじ」の自然交雑実生から得られた系統で,平成7~13年に選抜しました。
  • 平成23年3月15日に品種登録されました(品種登録番号20602号)。

<特  徴>

  1. 発芽期は「ふじ」と同時期であり、開花期は「ふじ」よりも開花始め、盛期ともやや早い。樹姿は開張で、樹勢は中である。
  2. 成熟期は、育成地の宮城県名取市で満開後140日前後の9月下旬から10 月上旬で、「紅玉」より3週間程度早い。
  3. 果形は円~円錐形で、果実全面が濃紅色に着色し縞の発生はない。サビの発生が少なく果点は目立たない。
  4. 果実の大きさは200 ~ 280g の中玉品種で、台木の種類、摘果程度で変動の幅は大きい。肉質は粗で、糖度は12 ~ 14 度、酸度が0.7 %前後と「紅玉」並に酸味の強い品種である。
  5. 「紅玉」の欠点である生理落果は少なく、サビやジョナサンスポットなどの果面障害がない。7年生JM7 台で3~4 t/10a と豊産性であり、花芽の着生が多く栽培しやすい品種である。
  6. 常温での日持ちはおおむね8日から10 日、摂氏3度の普通冷蔵条件では45 日の日持ちである。
  7. S遺伝子型はS1S7 であり、「シナノスイート」、「きおう」、「千秋」とは交雑不和合である。
  8. 斑点落葉病に対しては、「ふじ」と同等の抵抗性を持つ。また、一般的な防除管理において、特に問題となる病害虫の発生は現在のところ認められない。

サワールージュの利用許諾と県外での栽培について

 宮城県では,サワールージュの利用許諾を実施しております。

 自家増殖(自己の生産に用いるための苗を増殖)を除き,利用許諾契約を締結した団体以外では,サワールージュを増殖・販売はできません。

 利用許諾から穂木配布までの流れ

  1. 利用許諾の承認
  • 利用許諾を希望する団体は,当室果樹担当までお問い合わせ下さい。
  • 利用許諾の申し出は随時受け付けておりますが,利用許諾の可否については,年に2回開催される検討委員会において判断させて頂きます。
  • 検討委員会での審査結果により,条件を付与させて頂く可能性がございます。
  1. 利用許諾契約の締結
  • 検討委員会での承認後に宮城県と利用許諾契約を締結していただきます。
  • 利用許諾契約の締結については,経済商工観光部新産業振興課新産業支援班(電話022-211-2722)が担当しております。
  1. 穂木配付申請
  • 穂木の生産・配布については,宮城県農業・園芸総合研究所園芸栽培部(電話022-383-8134)が管轄しております。
  • 穂木の提供時期は,3月頃の予定です(申し出時期によっては当該年度に配付できない場合があります)。

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)