ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈史跡〉三十三間堂官衙遺跡

指定文化財〈史跡〉三十三間堂官衙遺跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月24日更新

三十三間堂官衙遺跡(亘理町)

【概要】

 平安時代の亘理郡家と考えられる。阿武隈山地の北端にあり、標高44mほどの小高い丘陵上に立地する。平地との比高は40mである。遺跡の範囲は東西500m、南北750mで、古くから多数の建物の礎石が整然と並んでいることが知られていた。
昭和61年~63年の発掘調査によって、南側は倉庫院で、溝で方形に区画された中に10棟の礎石立の倉庫と管理棟とみられる掘立柱建物跡があること、北側はやはり溝で区画された実務官衙ブロックで、南北60m、東西50mの郡庁院と大規模な建物を中心とする2カ所の官衙ブロックがあることが分っている。

【関連史跡】

特別史跡:多賀城跡附寺跡(多賀城市)

県指定史跡:吉岡東官衙遺跡(大和町)

【基本情報】

アクセスなど基本情報
指定年月日1992年1月21日
所在地亘理郡亘理町逢隈下郡字椿山
見学自由
アクセス(車)仙台東部道路亘理ICから10分 (鉄道)常磐線逢隈駅から徒歩3分

 

空撮礎石立の倉庫