ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業林業森林整備森林基幹道「花山文字線」のご紹介

森林基幹道「花山文字線」のご紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月13日更新

1 林道の概要

 花山文字線は,宮城県の北西部,栗駒山の東麓に位置する旧花山村の本沢地区と旧栗駒町の文字地区を結ぶ管内唯一の森林基幹道です。

 平成元年から平成10年にかけて開設された総延長は10,051メートル,平成7年から並行して行われた舗装工事により,現在は全線が舗装されています。

 

花山文字線位置図

 

 

 

2 林道の四季

 花山文字線は,利用区域として約1,400ヘクタールの森林を有し,四季折々で様々な姿を見せてくれます。

 特に,アズマシャクナゲの自生北限地として国の天然記念物にも指定されている御嶽山(みやけやま)付近では,5月上旬,林道から谷をはさんだ斜面一帯に赤橙色の見事な花を楽しむことができます。

 また,花山文字線では,接続する『林道馬立場線』『林道小手沢線』を含めた林道網が形成され,間伐などの森林整備が積極的に進められているほか,山仕事が本番を迎える秋口には,極彩色に彩られた美しい紅葉を見ることができます。

 

花山文字線の四季

 

 

3 林道の活用(災害時の代替路として)

 起点付近の旧花山村本沢地区と終点付近の旧栗駒町文字地区は,通常は,旧町村のそれぞれの市街地から市道等を通じて別々にアクセスされていますが,両地区が林道を通じて結ばれていることで,市道等が被災した場合の代替路・避難路として活用することが可能です。

 また,年間を通じて多くの人が訪れる『国立花山少年自然の家』は,花山文字線の起点から分岐する市道を通じてアクセスすることができますが,万が一この市道が災害等で被災した場合においても,林道小手沢線及び花山文字線を経由することで,外部とのアクセスが可能となっています。

 

 

 

4 局部改良工事の実施について

 林道の管理主体である栗原市農村整備課では,林道の通行のさらなる改善を図るため,平成28年度から局部改良工事に取り組んでいます。

 工事予定箇所は全16箇所で,令和2年12月末現在で5箇所が完成済み,令和3年度は3箇所で法面保護工等が実施される予定です。工事実施期間中は十分注意して通行いただくとともに,不明点等がありましたら栗原市農村整備課までお問い合わせ願います。

 

 

工事施工写真

工事施工位置図

 

 

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。