ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす事業管理課「第3期みやぎ建設産業振興プラン」を策定しました

「第3期みやぎ建設産業振興プラン」を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月26日更新

「第3期みやぎ建設産業振興プラン」の概要

 平成23年3月に発生した東日本大震災後,復旧・復興事業による公共投資の拡大を背景に,県内の建設企業の経営環境は好調を維持してきました。
 しかし,その一方で,全国的な人口減少・少子高齢化の進展に伴い,建設業においても,就業者の高齢化や若手技術者・技能者の減少など担い手不足が一層深刻化しており,働き方改革の推進や「新・担い手3法」の施行,i-Constructionの推進等による生産性の向上といった新たな課題も顕在化してきました。
 これに加えて復旧・復興事業の完成とともに公共投資額が東日本大震災前の水準まで減少することが想定されていることから,これらの経営環境下においても,建設業が,質の高い社会資本の整備や適切な機能維持,災害対応などでの地域貢献といった期待に応え,産学官連携による効果的,体系的な支援のもと,将来にわたり維持・発展していくための支援策を取りまとめたものです。

1.計画期間

 令和3年度から令和6年度まで(4年間)

2.基本理念

 「地域の守り手」として宮城の県土づくりを担う持続可能な建設産業

3.4つの基本目標

基本目標1「担い手の確保・育成」

  1. 働き方改革の推進(処遇改善)
  2. 若者・女性等の活躍及び定着
  3. 建設産業の戦略的広報

数値目標:高卒者の建設業への就職割合 9.0%以上
数値目標:完全週休2日制の実施率 53.0%以上

基本目標2「生産性の向上」

  1. 現場の省力化・効率化
  2. 技術力・専門力の強化及び評価

数値目標:施工時期の平準化率 0.75以上

基本目標3「経営の安定・強化」

  1. 復興需要後の経営支援
  2. 将来を見通せる環境整備
  3. 建設産業の健全化
  4. 適正かつ公平な市場環境の整備

数値目標:売上高経常利益率 3.0%以上

基本目標4「地域力の強化」

  1. 「地域の守り手」として地域社会の維持,安心・安全の確保
  2. 災害対応の知見を生かした災害発生時の対応確保

数値目標:建設業団体のBCP策定率 50%以上

推進体制

 建設業団体等で構成する「みやぎ建設産業振興プラン推進連絡会議」を開催し,施策の取組状況や数値目標の動向等を毎年度評価・改善するとともに,次年度の取組に活かすなど,PDCAサイクルによってプランの着実な推進を図ります。
推進体制イメージ

策定までの主な経過等

 時期取組内容
 
令和2年6月~7月建設産業振興に関するアンケート調査実施

令和2年8月

第1回みやぎ建設産業振興懇談会開催

令和2年10月~11月建設業団体との意見交換会開催
令和2年12月第2回みやぎ建設産業振興懇談会開催
令和3年1月~2月パブリックコメント実施
令和3年3月第3回みやぎ建設産業振興懇談会開催
令和3年3月

第3期みやぎ建設産業振興プランの策定

第3期みやぎ建設産業振興プランのダウンロード

第3期みやぎ建設産業振興プラン概要版

第3期みやぎ建設産業振興プラン(概要版) [PDFファイル/2.22MB]

 

第3期みやぎ建設産業振興プラン本編

第3期みやぎ建設産業振興プラン表紙,第1章~第6章 [PDFファイル/7.07MB]

第3期みやぎ建設産業振興プラン資料編,裏表紙 [PDFファイル/8.54MB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)