ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす仙台土木事務所道路関係許認可(宮城県仙台土木事務所)

道路関係許認可(宮城県仙台土木事務所)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月9日更新

道路に関する工事をするときには?

 公共のスペースである道路を特別使用する場合(道路の占用)、または、 道路管理者以外の者が道路に関する工事等
(乗り入れ通路のための歩道の切り下げ等) を行う場合には、道路法による申請が必要となります。(仙台土木事務所管理道路一覧 [PDFファイル/94KB]

なお,特殊車両通行通行許可に係る事務手続きは,宮城県道路課のページをご覧ください。

道路に関する工事を行うとき。(道路法第24条)

 道路管理者以外の者が,道路に関する工事又は維持を行う場合には道路法第24条による手続きが必要となります。例として,縁石を撤去し住宅への乗り入れ口を新設する場合や,側溝の入れ替えを行う場合が考えられます。

 申請書類について(1部提出)

 道路工事施工承認申請の際には,以下の申請書及び添付資料が必要となります。

  1. 道路工事施工承認申請書
    申請様式Word [Wordファイル/36KB]
    申請様式PDF [PDFファイル/65KB]                                                           
  2. 位置図-広域的な施工箇所が把握できるもの及び周辺の位置関係が把握できるもの(縮尺1/25000及び1/1000程度)
  3. 平面図-官民境界及び施工範囲が把握できるもの(縮尺1/100~500程度)
  4. 横断図-路面掘削を伴う場合,舗装構成を記載(縮尺1/100程度)
  5. 構造図-占用物件の構造が把握できるもの(平面図・断面図に記載してもかまいません)
  6. 現況写真-最低3方向から撮影したもの
  7. 保安計画図-実際に施工する際の保安施設配置等を記載
  8. その他-場合により,上記以外に必要となるもの。(公図写し,他法令の規定に基づく許可書の写し等)

承認後に必要となる届出について

 道路法第24条に基づく道路工事施工承認及び道路法第32条に基づく道路占用許可に係る承認・許可がなされた場合,工事着工7日前に「着工届」を,工事完了時点で「しゅん工届」を土木事務所長に対し提出する必要があります。

着工届

 原則として,工事着手の日の7日前までに以下の書類を提出しなければなりません。

  1. 着工届Word [Wordファイル/33KB]
  2. 管轄警察署の道路使用許可証の写し
  3. 工事工程表
しゅん工届

 道路占用に係る工事又は承認工事が完了した際には,速やかに以下の書類を提出しなければなりません。
 なお,添付写真は,当該工事が許可・承認を受けたとおりに施工されているかを判断する検査資料となります。そのため,施工した物件の幅・延長等が把握できるように撮影してください。

  1. しゅん工届 [Wordファイル/26KB]
  2. 工事施工前・施工中・完成後の写真

道路を占用しようとするとき。(道路法第32条)

 道路において,工作物,物件又は施設を設け,継続して道路を使用する場合には道路占用の手続きが必要となります。例として,各種埋設管を設置する場合や,長期間作業スペースとして道路を使用する場合等が考えられます。
 なお,道路占用許可を得た場合,原則として占用使用料が発生します。使用料は占用物件により異なりますが,基本的には毎年当事務所から郵送する納付書により納入していただくことになります。

申請書類について(通常2部提出)

 道路占用許可申請の際には,以下の申請書及び添付資料が必要となります。

  1. 道路占用許可申請書
    申請書様式Word [Wordファイル/49KB]
    申請書様式PDF [PDFファイル/108KB]
  2. 位置図-広域的な施工箇所が把握できるもの及び周辺の位置関係が把握できるもの(縮尺1/25000及び1/1000程度)
  3. 平面図-官民境界及び施工範囲が把握できるもの(縮尺1/100~500程度)
  4. 横断図-路面掘削を伴う場合,舗装構成を記載(縮尺1/100程度)
  5. 構造図-占用物件の構造が把握できるもの(平面図・断面図に記載してもかまいません)
  6. 現況写真-最低3方向から撮影したもの
  7. 保安計画図-実際に施工する際の保安施設配置等を記載
  8. その他-場合により,上記以外に必要となるもの。(公図写し,他法令の規定に基づく許可書の写し等)

許可後に必要となる届出について

 道路工事施行承認の場合と同様に,「着工届」及び「しゅん工届」を提出する必要があります。
 また,使用目的を果たし占用物件の使用を終えた場合や,占用者の名義変更が行われた場合等には,それぞれ別途の届出が必要となります。

占用期間満了・廃止届

 占用許可期間が満了し,許可期間更新の意思がない場合には,占用期間満了届を提出しなければなりません。また,占用期間内に使用目的を果たし若しくは占用を中止する場合には,占用廃止届を提出しなければなりません。必要書類は以下のとおりです。
 なお,占用廃止時に物件を撤去するにあたって路面の掘削等を行う場合には,別途撤去工事に係る占用許可を得る必要があります。

  1. 占用期間満了・廃止届 [Wordファイル/24KB]
  2. 当該物件に係る道路占用許可書
  3. 占用期間満了・廃止以前の占用物件の写真及び物件撤去後の現況写真
住所氏名(名称)変更届

 占用期間内において,占用者の住所又は名称に変更があった場合には,住所氏名(名称)変更届の提出が必要となります。事例として,移転等による会社所在地の変更や,会社名の変更等が考えられます。

占用物件承継届

  占用期間内において,相続・法人合併等により占用物件の承継があった場合には,占用物件承継届の提出が必要となります。

道路上で簡易な作業を行う場合

 道路上での作業を行う場合において,当該作業が簡易かつ短時間で完了する場合には,道路占用許可申請に代えて「道路敷使用届」を提出していただくことがあります。例として,荷物の積み卸しのため道路上に数時間駐車する場合や,看板の設置作業のため数時間道路を使用する場合等が考えられます。道路上での作業であるが,工作物を設置せず,舗装等の道路構造物に影響がなく,日中の数時間で完了する作業の場合には「使用届」による処理が可能です。
 実際には様々なケースが考えられますので,事前に行政班(022-297-4117)までご相談ください。また,届出の際には以下の書類が必要となります。

  1. 道路敷使用届様式 [Wordファイル/29KB]
  2. 位置図-広域的な施工箇所が把握できるもの及び周辺の位置関係が把握できるもの(縮尺1/25000程度)
  3. 平面図-官民境界及び施工範囲が把握できるもの(縮尺1/100~500程度)
  4. 作業標準図-どういった作業を行うかが把握できるもの
  5. 現況写真-最低3方向から撮影したもの
  6. 保安計画図(交通規制を伴う場合のみ)

 参考:道路敷使用届記載例 [PDFファイル/109KB]

道路幅員証明について

国道・県道の幅員を証明するための申請です。 
旅客や貨物等の自動車運送事業をはじめる際に必要となります。
また,その他建物を建てる場合等で必要な場合にも,ご利用いただけます。 

  1. 道路幅員及び車両制限令に関する証明願い [Wordファイル/26KB]
  2. 道路の幅員に関する証明願い [Wordファイル/26KB]

道路台帳の閲覧について

   仙台土木事務所が管理する道路の道路台帳(図面)の閲覧ができます。また、必要に応じてコピーもできます。(有料)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)