ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす事業管理課建設業法令遵守ハンドブック

建設業法令遵守ハンドブック

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月1日更新

(平成29年3月1日更新) 建設業法令遵守ハンドブック改訂第3版を掲載しました。

建設業法令遵守ハンドブック

 宮城県内においては,東日本大震災発生後の復旧・復興のための建設工事が大幅に増加しており,工事受注の急増に伴い,建設業法に関する法令違反が見受けられたり,元請下請関係に係るトラブルが増えています。

  これは,新しく建設業の許可を受けた業者に限らず,これまで長年にわたり建設業を営んできた許可業者であっても,建設業法で定められたルールを熟知していないことが大きな要因となっています。

  宮城県の復興を円滑に進めるためにも,復旧・復興に携わる建設業者が適正な施工を確保することが必要不可欠であり,そのためには,定められたルールを遵守することにより,適切な施工能力を有しない不良・不適格業者を建設工事の現場から排除し,適正な元請下請関係を築くことが強く求められています。

  本書では,建設工事の施工体制に関係する技術者の配置,施工体制台帳の作成や施行体系図の掲示等,特に工事現場で遵守すべき事項を中心にQ&A形式で解説するとともに,適正な元請下請契約の締結手順や下請代金の適正な支払い方法についても説明しています。

  このハンドブックが,建設業者の皆様が日頃の業務で生じた疑問点の解決に活用され,建設業法についての理解を深め,法令遵守の徹底に向けた一助となれば幸いです。

 建設業法令遵守ハンドブック改訂第3版(H29.2改訂) [PDFファイル/5.17MB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)