ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業土木・建築・不動産業建設業経営事項審査の手引き・申請書等ダウンロード

経営事項審査の手引き・申請書等ダウンロード

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月1日更新

経営事項審査の手引き(令和3年7月改定)

 ・経営事項審査の手引き(令和3年7月改定版) [PDFファイル/3.55MB]

  ・新旧対照表 [PDFファイル/1.26MB]

 

【主な改定内容】

 〇令和3年6月30日に終了した解体工事業のみなし技術者の今後の審査について記載。【56ページ】

   ※みなし解体資格が加点対象となるかは,審査基準日によって異なりますので御注意ください。

    ・審基基準日が令和3年6月30日以前の場合は,加点対象として認められます。

    ・審査基準日が令和3年7月 1日以降の場合は,加点対象として認められません。

 〇令和3年4月改定版にて新設した「知識及び技術又は技能の向上に関する取組の状況」

   (項番61,62)について説明の追加。【11ページ,44~47ページ】

 〇加点対象となる防災協定の追加。【32~34ページ】

 

【過去の改定内容】

◆令和3年4月改定

 〇押印省略(令和3年1月より)に伴う記載の修正。(押印欄の削除等)

   ・経営規模等評価申請書等(様式第二十五号の十四) 【16ページ】

   ・経理処理の適正を確認した旨の書類(様式第2号) 【35ページ】

   ・実務経験証明書(様式第九号(第三条関係)) 【57ページ】

   ・継続雇用制度の適用を受けている技術職員名簿(様式第3号) 【59ページ】

 〇技術職員区分に「監理技術者補佐」を追加。

   ・提示書類について【12ページ】,技術職員資格区分コード表【51,56ページ】をご参照ください。

 〇加点の対象となる登録経理士等の定義を修正。

   ・提示書類について【9,10ページ】,記載例【27ページ】,記載要領【28,29ページ】をご参照ください。  

 〇「知識及び技術又は技能の向上に関する取組の状況」(項番61,62)を新設。

   ・提示書類について【11ページ】,記載要領【29,30ページ】,記載例【27,44~47ページ】をご参照ください。

◆令和2年4月改定

 〇電子メールによる予約を開始。

   (チラシ)経営事項審査の予約方法について [PDFファイル/1.01MB]

 〇認定能力評価基準でレベル4,レベル3と判定された者が,新たに加点対象となったことに伴う修正。

   ※建設キャリアアップシステムについての詳細はこちら

 〇決算日に変更がある場合の完成工事高等の処理方法について記載。

経営事項審査の予約について

 経営事項審査を受けるためには,事前に予約が必要です(宮城県知事許可業者のみ)。

 → (チラシ)経営事項審査の予約方法について [PDFファイル/1.01MB]

 → 令和2年度経営事項審査のスケジュール

【電子メール予約】

 下記のファイルに必要事項を記入し,メールに添付のうえ,専用アドレスへ送信ください。

  ・予約票(事業者,行政書士用) [Excelファイル/16KB]

   (記載例) [PDFファイル/568KB]

  ・予約票(行政書士,複数件同時申請用) [Excelファイル/19KB]

   (記載例) [PDFファイル/580KB]

  送信先:経営事項審査予約専用メールアドレスはこちら

申請書等ダウンロード

建設業法改正にともなう経営事項審査の経過措置について(平成28年6月)

関連項目


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)