ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定史跡〉愛宕山古墳・附薬師堂古墳

指定文化財〈県指定史跡〉愛宕山古墳・附薬師堂古墳

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月24日更新

愛宕山古墳・附薬師堂古墳(村田町)

【概要】

 共に前方後円墳で、同一丘陵上にあり、薬師堂古墳は愛宕山古墳の西北20mに位置する。村田盆地西側ほぼ中央部に位置する丘陵上の最頂部で、盆地を一望できる所に立地する。
 愛宕山古墳は主軸長90m、後円部径55mであり、村田盆地では最大で、県内では第三位の規模である。前方部が低平で後円部との比高が大きい点が特徴で、葺石が葺かれ、円筒埴輪が並んでいたものと思われる。最近のレーダー探査や採集された埴輪の検討の結果、古墳時代前期に築造され、竪穴式石室を持つものと推定されている。
 薬師堂古墳は主軸長35mで、愛宕山古墳の陪塚(大型古墳に隣接するように造られた小型古墳)と思われる。

【関連史跡】

国指定史跡:遠見塚古墳(仙台市)雷神山古墳(名取市)飯野坂古墳群(名取市)

【基本情報】

アクセスなど基本情報
指定年月日1974年4月30日
所在地柴田郡村田町関場字愛宕山
見学自由
アクセス(車)東北道村田ICから10分 (鉄道)東北本線大河原駅から車で10分

空撮愛宕山古墳