ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定史跡〉和泉沢古墳群

指定文化財〈県指定史跡〉和泉沢古墳群

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月24日更新

和泉沢古墳群(石巻市)

【概要】

 北上川下流域の狭い沖積地に接した丘陵の南斜面に立地する。東西130m・南北90mほどの範囲に、直径3~9mほどの小型の円墳約50基が分布する市内で最大級の群集墳である。このうち3基が発掘調査されている。
 墳丘は盛土による整地作業の後に砂岩の割石を積み上げたもので、中央部に割石小口積みによる退化した横穴式石室があった。石室からは鉄斧・鉄鑑・土師器などが出土しており、古くは蕨手刀や勾玉の出土も知られている。これらの年代は9世紀~10世紀であり、平安時代にまでおよぶ古墳の築造は、この地域の歴史的特性を示すものとして意義深い。

【関連史跡】

県指定史跡:鳥矢ヶ崎古墳群(栗原市)

【基本情報】

アクセスなど基本情報
指定年月日1973年11月6日
所在地石巻市中島字和泉沢畑
見学自由
アクセス(車)三陸道河北ICから5分 (鉄道)石巻線鹿又駅から車で5分

和泉沢古墳群