ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉上町法印神楽

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉上町法印神楽

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

上町法印神楽

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|登米市(旧豊里町)|

 登米市豊里町上町の稲荷神社例祭(旧暦9月15日、体育の日の前日)に奉納されてきた神楽である。江戸時代に登米郡内の修験者(法印)が神楽組を組織し、祭礼等で舞ったのが始まりとされる。明治中期以降は神社の氏子等が引き継ぎ、現在は保存会が伝承している。

 演目は18番を継承している。「風追いの舞」は豊里に伝わる「風追いばやし」を神楽用に振り付けた、当神楽独特の演目である。

 釣弓   釣弓(海幸彦・山幸彦)