ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉上谷刈鹿舞・剣舞

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉上谷刈鹿舞・剣舞

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

上谷刈鹿舞・剣舞

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|仙台市泉区|

 この芸能の祖は、八幡町龍宝寺門前の籐九郎祖と言われている。慶安年間に八幡町より福岡、上谷刈、野村、朴沢の4ヶ村(現仙台市泉区)に伝承され、福岡中在家の鴇田家には慶安2年(1649)の「釈迦舞流剣舞祓伝巻」がのこされている。

 上谷刈の鹿踊・剣舞は、何度か衰退と復興を繰り返したが、昭和32年に復興し、昭和39年に現在の保存会が結成され、泉市無形民俗文化財に指定されている。

 鹿踊・剣舞は、祖先供養の踊であり、併せて災禍や病虫害を除き、五穀豊穣を祈願するとされている。この鹿踊と剣舞は不即不離の関係にあり、一対として伝承されてきている。

鹿舞・剣舞

本文ここまでです