ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉登米能

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉登米能

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

登米能

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|登米市(旧登米町)|

能楽は武家の式楽として重視され、仙台藩においても手厚い庇護と奨励を受けてきた。五代藩主吉村は、仙台藩独自といえる『金春大蔵流(大蔵流)』を創設し、伊達一門の格式を持つ登米伊達家にあっても、能楽は金春大蔵流によって隆盛を極めた。

廃藩後、仙台領内の各地の能楽が廃絶衰微した中で、登米の能楽だけは伝統的な能と狂言を現在まで継承し、地域に定着してきた。

登米能