ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉滝原の顕拝

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉滝原の顕拝

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

滝原の顕拝

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|仙台市太白区|

口伝によれば、滝原へは寛政3年(1791)ころ江戸から伝えられたとされる。普通、"剣舞"であるが、滝原では"顕拝"と記し珍しいが、その理由は不明である。装束や芸態の随所に修験道の古い信仰の姿形がみられる。滝原では、先年までは盆の16日に「巻物開き」を行い、村を巡って先祖の供養踊りを行ってきたが、現在は4月29日に行われる秋保大滝不動尊の春祭で演じられている。

滝原の顕拝