ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉福岡の鹿踊・剣舞

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉福岡の鹿踊・剣舞

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

福岡の鹿踊・剣舞

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|仙台市泉区|

剣舞は慶安2年(1649)に、鹿踊は寛政4年(1792)に旧福岡村に伝えらたとされる。両者は不即不離の関係にあり、1対として伝承された。鹿踊は災いや病害虫を除き、五穀豊饒を祈願する踊りで、9頭の鹿役と2人の笛役で、また剣舞は悪魔退散、天下太平を祈願するもので、扇の舞、剣の舞等の演目がある。もとは、どちらも祖霊供養に戸毎に巡って踊られていた。

本芸能では、複雑な演舞の技法が正確に伝えられており、装束、唯子、踊歌、舞振等の様式や慣行は、修験道の古い信仰の形を残している。

剣舞鹿踊