ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉樫崎法印神楽

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉樫崎法印神楽

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

樫崎法印神楽

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|石巻市(旧桃生町)|

 口伝によれば、宝暦年間(1751~1763)から桃生郡樫崎村羽黒派修験龍性院(現鹿島神社)で演じられてきたものと伝えられている。奏楽は太鼓1、笛1である。演目は古事記、日本書紀の神話を素材とし、26演目を伝えている。中でも伝統的に姫舞(女形)を得意としている。

 舞台飾りは簡略化されているが、小舞台の設置、小道具、仮面、装束その他の慣行は旧態を残している。公演は郡内の春秋の祭典に行っている。

kasizaki-houinkagura