ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉道祖神神楽

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉道祖神神楽

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

道祖神神楽

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|名取市|

 この神楽は出雲流三拍子と言われている。奏楽は大太鼓1、大拍子1、笛1で、神楽幕前に並ぶ。曲調は古風であるが洗練されている。芸型は他の十二座系より社家風の色合いが濃いが、黙劇で祈薦の舞が多い。舞振は流麗である。社伝によれば文政2年(1819)に神主が常陸国鹿島神社で伝授されたものという。また、一方安永年間(1770年代)に神楽が始まり、天明7年(1787)に組織化されたとの説もある。

道祖神神楽