ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉薬莱神社三輪流神楽

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉薬莱神社三輪流神楽

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

薬莱神社三輪流神楽

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|加美郡加美町(旧小野田町)|

法印系の神楽で大崎氏以来社人たちで舞っていたが、現在は氏子の有志の手で行われ、宮司大宮家が管理している。天和3年(1683)4代藩主綱村が、伊達氏の氏神亀岡八幡神社造営の時、藩命によって召し出され神楽を伝授し、亀岡八幡付属神楽を派生し、監竈神社にも奉納を命じられた。薬莱神社蔵、天保2年書改めの『神楽秘抄』によれば、所伝は26番とあるが、現在は12番を伝えている。

三輪流神楽