ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定有形文化財〉奥羽観蹟聞老志

指定文化財〈県指定有形文化財〉奥羽観蹟聞老志

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

奥羽観蹟聞老志(おううかんせきもんろうし)

県指定有形文化財(書跡・典籍)|仙台市泉区|宮城県図書館蔵

 仙台藩の史官・画工を勤めた佐久間義和(洞巌)が四代藩主伊達綱村の命を受けて編さんに着手し、享保4(1719)年に完成させた地誌である。

 本資料は仙台領を中心にしながら、対象を奥羽他領の主要地にも広げ、官制、土産、旧所名蹟、神社仏閣、名勝、故事などを詳細に記述し、古歌・古文や風習の採録にも留意したもので、本県を中心とする地域の地理・歴史・風俗・産業等の情報を豊富に伝える優れた記録となっている。また、以後に執筆・編纂された佐藤信要・高橋以敬による「封内名跡志」(寛保元、1741年)や田辺希文による「封内風土記」(明和9、1772年)などの地誌の先駆けである点も重視される。

 本書は類品が幾つか確認される中にあって、旧伊達伯観瀾閣図書であった由緒と完備された内容・体裁により、定本に近い資料との評価がなされているところである。

奥羽観蹟聞老志

奥羽観蹟聞老志 序 1巻奥羽観蹟聞老志 宮城野 6巻

左:序 1巻  右:宮城野 6巻