ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉川前鹿踊・川前剣舞

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉川前鹿踊・川前剣舞

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

川前鹿踊・川前剣舞

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|仙台市青葉区|

鹿踊は稲の害虫を退治するため、また剣舞は盆の念仏供養であるが、この地ではこの両者が一体となっている。鹿踊は昔、稲に害虫が発生した時に、10頭の鹿が現れてこれを退治し豊作をもたらしたという伝説から、五穀豊穣を祈る踊りとされている。剣舞は4曲で勇壮に踊られるのが特色である。仙台城下八幡堂に伝わっていた鹿踊と剣舞が、川前に相伝されたもので、藩から鹿踊の幌幕に絹布の使用を特に認められたといわれる。

鹿踊