ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定有形文化財〉鉄造阿弥陀如来坐像

指定文化財〈県指定有形文化財〉鉄造阿弥陀如来坐像

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月21日更新

鉄造阿弥陀如来坐像

県指定有形文化財(彫刻)|柴田郡柴田町|大光院蔵

もと大日如来、阿悶如来、宝生如来、無量寿如来および不空成就如来の五智如来の仏像が鋳造されたと伝えられており、現在はそのうち大日如来を欠いている。文永3年(1266)船迫地区立石長者の建立と伝えられる。古来、村に変事があると鉄仏に汗をかくので、土地の人は発汗阿弥陀と呼んでいる。

(像高82.lcm鎌倉時代)

阿弥陀如来坐像