ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉野口鹿踊

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉野口鹿踊

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

野口鹿踊

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|仙台市太白区|

言い伝えではあるが奈良時代、弘法大師空海と伝教大師最澄が大唐天竺(中国、インド)に修業した時、天竺で98,872神の悪神三宝守護に鹿踊を奉納し五穀豊穣、悪魔退散、家内安全を祈願する信徒の敬虞な姿に感銘し、教えを乞い習得し帰国した。それが1巻の巻物とともに仙台市太白区秋保町(当時馬場村野口)に伝授されたのが、今日に受け継がれているという。陰陽五行の古い信仰に基づいた姿形が、踊庭や装束などに残っている。

鹿踊