ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉大崎八幡宮の能神楽

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉大崎八幡宮の能神楽

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

大崎八幡神社の能神楽

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|仙台市青葉区|

 異伝の法印神楽で、明治維新までは仙台藩から扶持が出ていた。静かな能風の美しさがある神楽である。神社の拝殿前の長床で毎年9月第2土曜日に演じられている。

 神拝、小弓遊び、竜天、摩応、三天、将足、四天、獅子とりの8番である。神楽師は、宿坊の10人の社家が務めていたとされるが、今は氏子の人たちが演じている。法印神楽の一層洗練されたものとして地方的特色の濃厚な芸能である。

ohsaki-noukagura