ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定天然記念物〉祇劫寺のマルミガヤ

指定文化財〈県指定天然記念物〉祇劫寺のマルミガヤ

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月7日更新

祇劫寺のマルミガヤ

県指定天然記念物|大崎市(旧田尻町)|

祇劫寺本堂の南東、台地の端近くに立つ。樹姿は古川市富沢長久寺のマルミガヤのように笠状で、樹高約20m、枝張り東西約25m、南北約22mに及ぶ堂々たる巨樹である。樹幹は地上1.5mで周囲5.15mあり、地上およそ2.5mの所で南北の二大幹に分かれ、各幹はほぼ直上して盛んに枝を出す。枝は繁密で、上部のものは斜上するが、下部のものは広く開出する。カヤの巨樹として、また稀な変種として貴重である。

樹種 マルミガヤ(雌株)

学名 TorreyanuciferaSieb.etZucc.varsphaericaKimura

マルミガヤ