ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉気仙沼市早稲谷鹿踊

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉気仙沼市早稲谷鹿踊

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

気仙沼市早稲谷鹿踊

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|気仙沼市|

早稲谷地区に伝わる8頭の鹿踊りである。記録には文政10年(1827)、岩手県大原山口の喜左衛門より月立八瀬の林蔵に伝承されたものという。毎年旧暦6月24日に地区内にある「甘酒地蔵尊」の祭典に奉納し、災厄や疫病をはらう魔除けの踊りといわれるが、本来は祖先の霊を供養するものである。背中に竹を削って結束した3m以上のササラを立て、腰太鼓をさげ、唄いながら踊り跳ねる。政宗から「仰山なり」と賞詞されたといういい伝えにちなみ「仰山流」と称する。

気仙沼市早稲谷鹿踊