ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉新城の田植踊

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉新城の田植踊

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

新城の田植踊

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|気仙沼市|

天保年間(1830~1843)の大凶作の時、平八幡神社に豊作祈願したのが初まりと言い伝えられる。昔は小正月に演じられ、今は祭礼のほか、旧正月に各戸を廻る。はやし言葉にちなんで「ヤンドヤーハイ」とも呼ばれている。弥十郎2人は長烏帽子を被り、陣羽織を着て、金輪の付いた「しゅろすり」という竹杖を鳴らしながら前口上を述べる。5人の踊り手は「ヤッサカ」と称し、豆絞りの鉢巻で格子縞の長着に豆鈴の付いた前まわしをつけ、手太鼓を打ちながら跳ね回り踊る。

新城の田植踊