ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉大倉の役人田植踊

指定文化財〈県指定無形民俗文化財〉大倉の役人田植踊

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

大倉の役人田植踊

県指定無形民俗文化財(民俗芸能)|仙台市青葉区|

この踊は、天保年間(1830~1844)に京から伝えられたと言われている。「役人」とは、鬼人と呼ばれる弥十郎が、田の神の役を務める意味とも伝えている。装束の特徴の一つとして、弥十郎の長である鬼人は頭に日月の引立烏帽子をかぶり、背に神武天皇と書かれた陣羽織を着ることがあげられる。踊は讃め言葉や返し言葉があるのは他の踊りと同じだが、鬼人が唄える口上や早乙女の歌や舞振りに特徴がみられる。公開は旧7月6日、定義如来の夏祭である。

大倉の役人田植踊