ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす文化財課指定文化財〈重要無形民俗文化財〉雄勝法印神楽

指定文化財〈重要無形民俗文化財〉雄勝法印神楽

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月14日更新

雄勝法印神楽

重要無形民俗文化財(民俗芸能)|石巻市(旧雄勝町)|

 羽黒派系と言われており、舞は古典の神話から取材している。所伝は36番であるが、現在は26番が舞われている。音調は太鼓2個に笛1本の構成で行なわれて、調子に強弱の変化があり、したがって、しっとりと舞う場面と豪壮に舞う場面とがある。

 発生年代は不明であるが、町内大浜の千葉家に兀文4年(1739)の『御神楽之大事』というこの神楽について記述した古文書があり貴重な資料である。また公演は町内各浜の3、4月の春祭と9月の秋祭に行われる。

雄勝法印神楽