ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす観光・文化文化文化財日本遺産に「勝画楼(塩竈市)」が追加認定されました。

日本遺産に「勝画楼(塩竈市)」が追加認定されました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月25日更新

日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」構成文化財に勝画楼(しょうがろう)が追加認定されました。

 平成30年4月17日及び4月24日に開催された「日本遺産審査委員会」における審査を経て,平成28年度認定日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」の構成文化財として,塩竈市に所在する「勝画楼(しょうがろう)」が追加認定されました。

 勝画楼は,江戸時代中期までに千賀の浦を望む景勝地に建立され,仙台藩五代藩主吉村公が塩竈来訪時に使用し,自ら揮毫した扁額を掲げた書院建築です。また広間棟の前身建物は,鹽竈神社別当法蓮寺客殿として仙台藩によって造営されました。勝画楼は懸造風の眺望を重視した構造を持ち,藩主の鹽竈神社参拝において,食事や着装,休息などに使用されました。藩主参拝の姿を物語る希少な文化遺産であり,“伊達”な文化の壮麗さを顕著に示すものです。

※現在「勝画楼」は一般公開しておりません。御注意ください。

勝画楼(遠景)

【写真提供:塩竈市教育委員会】

伊達な文化公式ホームページ 伊達な文化ロゴマーク (画像をクリックすると公式ホームページに移動します)

日本遺産「政宗が育んだ“伊達”な文化」各種イベント情報 (文化庁日本遺産ポータルサイトへ移動します)

 

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。