ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす観光・文化文化文化財登録有形文化財(建造物)の登録が答申されました

登録有形文化財(建造物)の登録が答申されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月13日更新

国の文化審議会は、平成27年3月13日に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、松谷家住宅(大崎市)の下記の建造物8棟を,登録有形文化財として登録するよう文部科学大臣に答申しました。この結果、この答申を受けて行われる官報告示を経て、県内では106棟の建造物が登録されることとなります。

松谷家住宅(まつやけじゅうたく)の概要

松谷家住宅は,古川旧城下に位置する,もと商家の住宅です。明治天皇巡幸時に宮家等の宿泊に供され,特に主屋の座敷部では質の高い造作が見られます。

敷地内には,文庫蔵,砂糖蔵,大豆蔵といった土蔵などの倉庫群が並び建っています。特に石造2階建の岩蔵は,敷地形状に合わせた不等辺四角形の平面を持ち,壁頂部や入口部などは装飾的に仕上げられています。

旧家の表門として風格を示す表門や,小規模ながら,千木(ちぎ)や勝男木(かつおぎ)を載せて本格的なつくりとする明神社などを含めて登録され,屋敷構え全体の保存が図られることとなりました。

登録される建造物

松谷家住宅 主屋(まつやけじゅうたく しゅおく)

上質な書院座敷をもつ住宅主屋。玄関脇の雨戸戸袋の意匠も目を引く。明治時代前期の建築。

主屋正面

主屋戸袋
【写真提供:佐々木文彦・大沼正寛】

松谷家住宅 文庫蔵(まつやけじゅうたく ぶんこぐら)

生活用品を納めた漆喰塗(しっくいぬり)の土蔵。部分的に鏝絵(こてえ)を施した黒漆喰(くろしっくい)塗による装飾が施される。江戸時代末期の建築。

文庫蔵

松谷家住宅 砂糖蔵(まつやけじゅうたく さとうぐら)

商品の砂糖を納めた漆喰塗(しっくいぬり)の土蔵。正面には長大な庇(ひさし)がかけられる。明治時代前期の建築。

松谷家住宅 大豆蔵(まつやけじゅうたく だいずぐら)

 商品の大豆を納めた蔵で,板蔵(いたぐら)形式ながら立て並べられた柱の間は白漆喰壁となっている。庇を支える部材も意匠を凝らしている。明治時代中期の建築。

砂糖蔵と大豆蔵

松谷家住宅 岩蔵(まつやけじゅうたく いわぐら)

 米を保管した石造(せきぞう)倉庫。平面形が不整四角形であり,小屋組(こやぐみ)にも大工の工夫が見られる。明治時代後期の建築。

岩蔵
【写真提供:佐々木文彦・大沼正寛】

松谷家住宅 明神社(まつやけじゅうたく みょうじんしゃ)

 宅地内に建てられた木造の祠(ほこら)。小規模ながら随所に手の込んだ彫刻が施されている。明治時代前期の建築。

明神社
【写真提供:佐々木文彦・大沼正寛】

松谷家住宅 表門(まつやけじゅうたく おもてもん)

表通りに面する大型の門。材料は総ケヤキで,商家の表門として風格のある構えを示す。明治時代前期の建築。

表門
【写真提供:佐々木文彦・大沼正寛】

松谷家住宅 御成門(まつやけじゅうたく おなりもん)

表門から入った路地に開く小規模な門。庭と調和した数寄屋風(すきやふう)の意匠をもつ。明治時代前期の建築。

御成門
【写真提供:佐々木文彦・大沼正寛】