ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす観光・文化文化文化財煙雲館庭園が名勝に指定されました

煙雲館庭園が名勝に指定されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月22日更新

国の文化審議会は,平成29年11月17日に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て,煙雲館庭園(気仙沼市)を名勝に指定するよう文部科学大臣に答申しました。この結果,この答申を受けて行われる官報告示を経て,県内の名勝は7件となります(「史跡及び名勝」を含む)。また,庭園としては,旧有備館および庭園(大崎市),齋藤氏庭園(石巻市)に続き3件目の指定となります。

煙雲館庭園(えんうんかんていえん)

気仙沼湾を望む仙台藩上級家臣の居館(きょかん)に築かれた庭園

 煙雲館は,仙台藩上級家臣鮎貝(あゆかい)氏の旧居館であり,近代の文学者・落合直文の生家としても知られる。気仙沼湾西岸の丘陵部に立地し,岩井崎の景勝を南に望む庭園は,仙台藩茶道頭である石州流清水派(せきしゅうりゅうしみずは)二世動閑(どうかん)による寛文年間作庭に始まると伝えられる。庭園のつくりとしては,主屋西向きに大きな中島を伴う園池と,その背景林から成る。この園池と背景林は奥行きの深い静寂さを有しており,気仙沼湾への広大な眺望との対比をなしている。

画像 煙雲館庭園(主庭)    

                                             煙雲館庭園(主庭)         

 

 

 

 

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。