ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす統計課平成30年住宅・土地統計調査(住宅及び世帯に関する基本集計) 宮城県分

平成30年住宅・土地統計調査(住宅及び世帯に関する基本集計) 宮城県分

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月30日更新

データをご利用される際は「調査の概要」「利用上の注意」をご覧ください。

 総務省統計局・宮城県・市町村では,平成30年10月1日現在で,平成30年住宅・土地統計調査を実施しました。 この調査は5年ごとに行う住生活に関する最も基本的で重要な調査で,全国約370万世帯(宮城県内では約66,000世帯)の方々を対象とした大規模な調査です。 調査の結果は,国や地方公共団体における「住生活基本計画」の成果指標の設定,耐震や防災を中心とした都市計画の策定,空き家対策条例の制定などに幅広く利用されています。

宮城県の結果

平成30年住宅・土地統計調査(住宅及び世帯に関する基本集計) 宮城県 [PDFファイル/1.52MB]

  平成30年住宅・土地統計調査(住宅及び世帯に関する基本集計) 宮城県 [Wordファイル/999KB]

1.総住宅数及び総世帯数

 平成30年10月1日現在における宮城県の総住宅数(空き家などの居住世帯のない住宅を含む。)は 1,089,300戸で,平成25年の1,034,100戸に比べ 55,200戸増加し,

5.3%増(全国2.9%増)となった。

 総世帯数は 959,200世帯で,平成25年の936,500世帯に比べ 22,700世帯増加し,2.4%増(全国3.0%増)となった。

2.居住世帯の有無別住宅数

 総住宅数のうち,「居住世帯のある住宅」は 953,600戸で,平成25年より21,900戸増加し,2.4%増(全国2.9%増)となった。総住宅数に占める割合は 87.5%

(全国85.9%)となり,平成25年より2.6ポイント減少した。

 空き家,建築中の住宅などの「居住世帯のない住宅」は 135,700戸で,平成25年より33,400戸増加し,32.6%増(全国3.1%増)となった。総住宅数に占める割合は

12.5%(全国14.1%)となり,平成25年より2.6ポイント増加した。

3.空き家 

  「居住世帯のない住宅」 135,700戸の内訳をみると,「空き家」が130,500戸で最も多く,平成25年より33,600戸増加し,34.7%増(全国3.6%増)となった。総住宅数

に占める割合(空き家率)は 12.0%(全国13.6%) と平成25年の9.4%から2.6ポイント増加した。次いで,「一時現在者のみの住宅」が 3,400戸で,平成25年より

8.1%減(全国10.7%減),「建築中の住宅」が 1,800戸で,平成25年より5.9%増(全国2.6%減)となった。

 また,空き家率(市区町村別)が低いのは 利府町(3.6%),富谷市(4.9%),大和町(7.4%)などとなり,高いのは 石巻市(19.0%),気仙沼市(17.7%),白石

市(14.7%)などとなった。

居住世帯の有無別住宅数の推移

市区町村,空き家の種類別住宅数

全国の結果

  総務省統計局ホームページ

  政府統計の総合窓口(eーStat)

統計局へリンク

過去の結果

宮城県の結果

  平成30年住宅・土地統計調査(住宅数概数集計) 宮城県分 

  平成25年住宅・土地統計調査

全国の結果

  総務省統計局ホームページ


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)