ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

川内沢ダム建設事業の最新情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月5日更新

川内沢ダムの概要

ダム想定図ダム完成イメージ

                                                                                                            - 完成イメージ図-

川内沢ダム位置図    位置図

 

 


川内沢ダム建設予定地

名取川と阿武隈川の間に開けた平地は「名取耕土」と呼ばれ、増田川・川内沢川・五間堀川・志賀沢川などの小河川によって形成された沖積平野です。この「名取耕土」の中央部に位置する川内沢川は、その源を丘陵地・五社山に発し、名取市街地、仙台空港の臨空工業団地を流下し南貞山運河を経由して広浦で増田川に合流する流域面積17.3km2流路延長11.9kmの一級河川です。


川内沢川は河道が狭小なため古くより度々洪水被害を受けており、このため昭和42年より「国営名取川水利事業」として治水安全度の向上が図られてきました。しかしながら、洪水被害はその後も頻発し、昭和61年8月の台風10号、平成6年9月の集中豪雨の際には流域に甚大な被害をもたらしました。また、流域の開発はめざましく、仙台空港、臨海工業団地、宅地開発など都市化が著しく進み洪水被害額は増加の傾向にあります。

近年では、平成27年9月の関東・東北豪雨や令和元年10月の東日本台風による浸水被害を受けており、洪水に対する安全度の早期向上が喫緊の課題となっています。

このため、ダムによる洪水調節で地域を洪水から防御するとともに、名取市の耕地等の既得取水の安定的供給及び河川環境の保全を図るため名取市愛島笠島地先に治水ダムとして川内沢ダムの建設を行います。

事業内容

川内沢ダムは,洪水調節及び流水の正常な機能の維持を目的とした治水ダムで,洪水調節は,ダム計画地点における洪水時の流量40m3/sのうち37 m3/sの洪水調節を行い3 m3/sを下流に放流します。その結果,館腰基準点の流量を115 m3/sから80 m3/sに低減し,沿川地域の洪水被害の軽減を図ります。

また,流水の正常な機能の維持として,10年に1度発生すると考えられる渇水に対して安定的なかんがい用水などを確保するとともに,河川環境を保全するための維持用水を補給します。

ダム概要

河 川 名

一級河川名取川水系川内沢川形  式重力式コンクリートダム
位  置名取市愛島笠島堤  高39.7m
目  的洪水調節堤   長145.0m
流水の正常な機能の維持堤 体 積54,000m3
湛水面積0.18km2洪水調節方式自然調節方式
総貯水容量1,790,000m3洪水吐き形式常用:オリフィス 0.85m×0.8m×1門
有効貯水容量1,510,000m3

非常用:自然越流 2.0m×11.5m×2門

                                                           ※ダム諸元については,今後変更になる可能性がございます。

川内沢ダムの進捗状況

現在の進捗状況

川内沢ダム通信

川内沢ダム通信 第9号 [PDFファイル/647KB]

過去のダム通信はこちらから


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)