ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす仙台地方ダム総合事務所「湖面利用に関するルール」について

「湖面利用に関するルール」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月13日更新

湖面を利用する際には,下記項目のルールを守ってご利用いただきますようお願いします。  

  1. ダム湖面の利用は、原則として自己責任による自由使用としています。※自由使用とは:何人も、他人の使用を妨げない限度において、いつでも自由に使用することができる。(例:遊泳、水遊び、魚釣りなど)また、自由使用は、使用者に何らの権利が生ずるものではない。
  2. 湖面利用される際には、ライフジャケットの着用をお願いします。ダム湖には水深10m以上ある場所や、急に水深が変化する場所がありますので、安全の為にライフジャケットの着用をお願いします。
  3. 動力船の使用はご遠慮願います。動力船等による水質事故が発生した場合、損害賠償や事故処理費用等は自己責任による原因者(事故を起こした方)の負担となりますのでご注意下さい。  
  4. ダム管理施設には近づかないで下さい。網場(流木止め)とダム間の水面には入らないようにお願いします。また、網場に係留したり、投錨しないで下さい。
  5. 車両は所定の位置に駐車して下さい。船舶は係留、錨泊しないで下さい。夜間も同様とします。
  6. ダム管理事務所及び河川管理員の指示に従って下さい。
  7. 外来生物(ブラックバス、アレチウリ等)は、法律により取り扱いが規制されていますので注意して下さい。また、宮城県内水面漁場管理委員会指示第1号により、ブラックバス等を採補した者は、これらを採補した水域に放してはならないとなっております。
  8. 悪天候(降雨、濃霧、波浪等)時は、ダム湖面を利用しないようお願いします。
  9. ダム湖、ダム湖周辺にゴミ等を捨てないで下さい。
  10. ダムに異常(魚の大量死や油類の流出等)があった場合、速やかにダム管理事務所までご連絡下さい

         遊漁の心得について(外部リンク)  遊漁心得   鳴瀬吉田川漁業協同組合ホームページ

湖面利用に関する各ダムの案内図


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)