ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす事業管理課東日本大震災 職員の証言(想い)

東日本大震災 職員の証言(想い)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

「東日本大震災 職員の証言(想い)」について

1.目的

 東日本大震災という想定を遙かに超えた大災害の職員一人一人の体験(そのとき,それから,これからの心境,何をして,どう想ったのか)を,後生に語り継ぐとともに記録として保存し,教訓とすることで今後の防災,減災対策に活用していくものです。
 この証言(想い)をホームページへ掲載することにより,皆様の災害について考えるきっかけや災害対策の一助にしていただければ幸いです。

2.対象者

 平成24年1月時点で宮城県土木部に所属している職員(自ら被災するなど寄稿が困難な職員を除く)
 ※震災時他部局に所属していた職員を含む
  他県からの応援職員を含む(平成23年12月までに在席していた応援職員の寄稿は派遣された所属として編集)
  

3.その他

 寄稿内容等に配慮し,個人名は記載しておりません。
  

東日本大震災 職員の証言(想い)寄稿者 612名

冊子イラスト[PDFファイル/6.4MB]

関係リンク


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)