ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

林野火災対策

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

本文へジャンプ 山火事から大切な森林を守ろう!

山火事は,煙草や焚き火の不始末など人間の不注意が主な原因で発生しますので,入山される方は火気の取扱いに十分注意して,大切な財産である森林を守るようお願いします。
林野火災の予防等については,県森林整備課のHPを参考にしてください。

林野火災発生状況
発生年宮城県全体登米管内備考
発生件数被害面積発生件数被害面積
平成25年26件113.94ha1件- 
平成26年31件4.42ha2件0.65haたき火
平成27年19件2.20ha1件0.29haたき火

 

 

 

 

 

 

 

「山火事注意」木製看板設置

東部地方振興事務所登米地域事務所では,山火事予防運動の一環として地域住民及び入山者等に対し山火事防止を喚起する木製看板を作成し,関係機関(登米市・登米市消防署・森林組合等)の協力で3月に設置しました。
木製看板は,スギ製材の端材を有効活用することにし,宮城北部流域森林・林業活性化センター登米支部から資材提供を受け,看板文字は登米市消防署の協力を頂き作成し,関係機関がそれぞれ山火事予防のパトロールを兼ねて登米市内の山林入口等に50枚設置したものです。

木製看板                             

設置看板の様子