ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす東部地方振興事務所登米地域事務所 農業農村整備部水利施設整備事業(基幹水利施設整備型)「五ヶ村堀地区」の施工状況(3)

水利施設整備事業(基幹水利施設整備型)「五ヶ村堀地区」の施工状況(3)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月10日更新

五ヶ村堀排水機場のポンプ2台目が完成しました。(登米市米山町)

 水利施設整備事業(基幹水利施設整備型)五ヶ村堀地区「五ヶ村堀排水機場」のポンプ設備全3台のうち1台(モーター)については平成28年度に完成していましたが,この度2台目(エンジン)が完成しました(写真右側)。

 今回新設した五ヶ村堀排水機場は低位部排水機場と高位部排水機場を撤去,統合する形で築造されました。今後ポンプ設備の残り1台(エンジン)や除塵設備などが残っており,機場完了までにもう少し期間がかかりますが,事業の早期完了へ向けて取り組んでいきます。

五ヶ村堀排水機場ポンプ設置状況 右側が今回完成したNo2ポンプ(エンジン)

農業農村工学会全国大会講演会で発表しました。 

 水利施設整備事業(基幹水利施設整備型)五ヶ村堀地区「五ヶ村堀排水機場」のモーターポンプに導入したドライ始動の技術について,農業農村工学会全国大会講演会で発表を行いました。

 本技術はポンプの始動時に要する始動電流を低減する技術であり,機場周辺で発生する可能性のある電力障害を防止する効果が期待されます。なお,本技術を新設ポンプに導入した事例は五ヶ村堀第1排水機場が全国的に初めてとなります。

 学会発表の様子