ここから本文です。

パスポートの新規の申請について

このページに該当する方は次のとおりです

  • はじめてパスポートを申請をする方
  • パスポートの有効期間が切れている方
  • 有効なパスポートの記載事項(氏名,本籍の都道府県名)に変更があって作り直す方(訂正新規)
  • 有効なパスポートを紛失し(盗難,焼失),申請する方(※この場合「紛失届」も必要となります)
  • 海外で有効なパスポートを紛失し,「帰国のための渡航書(外国の日本国大使館で発行)」で帰国した方

ご注意ください

  • 小学生以上の方は,「一般旅券発給申請書」の「所持人自署」欄等,申請者ご本人が記入する箇所があります。詳しくは記入例をご覧ください。
  • 代理提出を希望される方は,代理提出のページをご覧ください。
  • 未成年者の方が申請する場合は,「一般旅券発給申請書」裏面の「法定代理人署名」欄に,親権者の署名が必要になります。詳しくは未成年者の申請のページをご覧ください。
  • 「一般旅券発給申請書」の「刑罰等関係」欄に,1つでも「はい」と記入された方は,限定申請のページをご覧ください。

「新規申請」に必要な書類

新規申請に必要な書類の表
書類名 部数 備考
1.一般旅券発給申請書 1
  • 20歳以上の方:10年用または5年用のいずれか
  • 20歳未満の方:5年用のみ
  • 折ったり汚したものは不可
申請書の入手場所
申請書の記入例
2.戸籍謄本(または戸籍抄本)
(全部(個人)事項証明書)

※未成年者は戸籍謄本(全部事項証明書)を必ずご準備願います。
1
  • 6か月以内に発行されたもの
  • 2枚以上のものは切り離さない
  • 同一戸籍内の家族が同時に申請する場合,家族で戸籍謄本(全部事項証明書)1通
  • 戸籍謄(抄)本は,本籍地の市区町村の戸籍担当窓口でのみ発行されます。本籍地が遠隔地のため郵送を希望する場合は,各市区町村にお問い合わせください。

<注意>

有効なパスポートの記載事項に変更があって新たに作り直す場合

  • 本籍地や姓を変更したときにパスポートの訂正手続きを行わず,その後さらに転籍等を行った方は,除籍謄本など変更の履歴が確認できる書類を提出していただくことがあります。

3.写真
顔写真

<参考>

県庁パスポートセンターで申請される場合は,県庁2階の売店で写真を撮ることができます。

各地方の県民サービスセンターには撮影できる場所がありませんので,事前にご準備ください。

1

<必要事項>

  • 申請者本人のみが正面を向いて撮影されたもの
  • 申請日から6か月以内に撮影されたもの
  • ふちなしで左記寸法を満たすもの(顔の寸法は頭頂からあごまで。縦横比の維持が難しい場合は横幅を優先してください。)
  • 無帽であるもの(宗教上または医療上の理由により,顔の輪郭が分かる範囲で頭部を布などで覆った写真をご希望の方は,事前に窓口までお問い合わせください。)
  • 背景(影を含む)がないもの。無地で均一な淡い色の背景で撮影されたもの。(グラデーション不可)
  • 輪郭が露出しているもの
  • 写真裏面に申請者の氏名が記入されたもの(写真表面に筆圧が浮き出ているものは使用できませんのでご注意ください。)
  • 画像が鮮明(焦点が合っているもの)であり,明るさやコントラストが適切であるもの
  • 目およびその周辺に,髪の毛,マスク,眼鏡,つけまつげ,まつげエクステ等の一部,あるいはその影が入っていないもの
  • デジタル写真の場合,写真専用紙等を使用し,画質が適切なもの
    ※白黒でもカラーでも可

<不適当なもの>

  • 服装,装飾品等
    • 顔の輪郭が髪などで隠れていたり不鮮明なもの
    • 髪が目にかかっているもの
    • 帽子やヘアバンド等により頭部が隠れているもの
    • 顔や頭の一部を隠すような装飾品(大きなイヤリング・ピアス,髪飾り)が付いているもの
    • 実際の容姿や雰囲気が変わるもの(カツラ,ウィッグ等)
    • 衣服などにより,あごなどの顔の一部が隠れているもの
  • 顔の向き,表情等
    • 表情が平常と著しく異なるもの(口が開いていて歯が必要以上に見えているもの,口角が上がっているもの等)
    • 顔が傾いていたり,横を向いているもの
    • 位置が片寄っているもの
  • 背景
    • 背景の色と髪の色,肌の色,洋服の色の境界が不明瞭なもの
    • 背景の色が濃いもの
    • 背景が柄模様であったり,凹凸のあるクロスが写り込んでいるもの
    • 背景に異物が写りこんでいるもの
    • カラーコンタクトや,瞳のふちを広げるコンタクトを装着したもの
    • 意図的にフラッシュやライトの形状が写り込んだもの
    • フラッシュなどにより瞳が赤く写ったもの
  • 眼鏡(より確実な本人確認のため,眼鏡を外した写真を推奨します。)
    • 眼鏡のフレームが目にかかっているもの
    • 色の付いた眼鏡やサングラスを着用したもの
    • 眼鏡のレンズに光が反射したもの
    • 眼鏡が目や顔の一部を覆うほど,面積の大きいものやフレームが太いものを着用したもの
  • 撮影品質
    • ピンぼけや手ぶれにより不鮮明なもの
    • 顔にてかりやムラがあるもの
    • 顔に光が反射し,背景と顔の輪郭の境目がはっきりしないもの
  • 画像,印刷品質
    • ノイズ(画像の乱れ)があるもの
    • ジャギー(階段状のギザギザ模様)があるもの
    • ドット(網状の点)やインクのにじみがあるもの
  • 画像加工,画像処理
    • 目を大きく見せたり,美白処理,マスキング,顔パーツやほくろ,しわなどを修正するなどして,画像処理したもの
    • 左右反転したもの
  • その他
    • 写真裏面に記載されている申請者氏名が,写真表面に浮き出ているもの

<髪のボリュームが大きい場合>

<乳幼児の撮影について>

  • 補助者の身体の一部が写りこんでいる場合や,目を閉じている場合は不適当です。顔の向きや動きによる手ぶれにも注意してください。
  • 座れない場合は,無地で淡い色のシーツなどに寝かせて真上から撮影した写真でも問題ありません。

<注意事項>

  • 写真は申請書に貼らずにお持ちください。
  • 不適当な写真を用いた場合,出入国審査等においてその使用が原因で不利益を被ることも予想されますので,規格を満たす写真の準備をお願いします。
  • 規格に合わない場合は,写真の撮り直しをお願いすることとなります。
  • セルフ式のボックス写真機では,パスポート用写真の規格に合うようサイズ調整を十分確認の上,撮影してください。

<【参考】外務省リンク>

4.本人確認の書類
※代理申請等の場合は,本人と代理人の本人確認書類が両方(原本)必要です。
本人確認書類の内容(氏名・ふりがな・本籍・現住所など)が,戸籍・住民票などの記載と異なる場合は,事前(申請前)に訂正してください。
1点
または
2点

申請時点で有効な原本(コピー不可)を提出してください

次のものは1点で本人確認の書類になります。

A欄本人確認書類一覧
A欄
  • 日本国旅券(有効パスポートまたは失効後6か月以内)
  • 身体障害者手帳(写真貼替え防止がなされているもの)
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
    個人番号(マイナンバー)通知カードはお取り扱いできませんのでご注意ください。
  • 運転経歴証明書(H24年4月1日以降交付のもの)
  • 住基カード(写真付)
  • 小型船舶操縦免許証
  • 宅地建物取引主任者証
  • 船員手帳
  • 電気工事士免状
  • 無線従事者免許証
  • 猟銃・空気銃所持許可証
  • 海技免状
  • 官公庁職員身分証明書(写真付)

A欄のものが用意できない場合は次のもの2点(B+BまたはB+C)で本人確認の書類になります。

B欄C欄本人確認書類一覧
B欄
  • 健康保険証
  • 厚生年金手帳(証書)
  • 国民健康保険証
  • 国民年金手帳(証書)
  • 共済組合員証
  • 共済年金証書
  • 船員保険証
  • 船員年金手帳(証書)
  • 介護保険証
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 恩給証書
  • 印鑑登録証明書(申請日前6か月以内に発行されたもの)と登録印
C欄
  • 学生証(生徒手帳)(写真付,生年月日等あり)
  • 資格証明書(写真付,生年月日等あり)
  • 会社の身分証明書(写真付,生年月日等あり)
  • 在学証明書
  • 給与所得者の源泉徴収票
  • 療育手帳
  • 母子手帳(小学生以下)
  • 医療受給者証
  • 身体障害者手帳(A欄以外のもの)
  • 住民税の納税証明書
  • 日本国旅券(失効後6か月を経過したもの)
  • 中学生以上の生徒及び学生:保険証+学生証または在学証明書
  • 乳幼児・小学生:保険証+母子手帳
    (母子手帳がない場合,特例として申請に来た親権者の本人確認書類)
  • 上記のものが揃わない場合は事前にお問い合わせください。
5.前回取得したパスポート  
  • 有効なパスポートをお持ちの方は,そのパスポートを提出しないと申請できません。
    (残りの期間は切り捨てになります)
  • 失効しているパスポートがお手元にある方はお持ちください。失効している場合はなくても申請できます。
6.その他  
  • 海外でパスポートを紛失した場合:帰国のための渡航書
  • 居所申請する学生:住民票+居所が記載された書類+学生であることの証明書類
  • 居所申請する単身赴任者等:住民票+職場で証明する居所証明書
    ※住民票は6か月以内のもの
    居所申請…宮城県内に住民登録をしていない方が一定の条件を満たす場合に可能な申請
    詳しくは「居所申請」のページをご覧ください。
  • 名前の読み方が国字の音訓及び慣用による表音以外の場合:保険証等読み方が確認できる書類
  • 名前を外国式の表記にする場合:外国式の表記が確認できる書類

その他の情報

1.申請時間について

  • 申請は平日のみになります。
  • 申請時間については,窓口のご案内のページをご覧ください。

2.手数料について

  • 手数料は申請時ではなく,受取の際に納めていただきます。
  • 金額等については,パスポート取得手数料のページをご覧ください。

3.受取について

  • 受取は年齢に関係なく,必ず申請者ご本人が窓口へ来ていただきます。
  • 申請から受取までの日数については,申請から受領までの所要日数のページをご覧ください。

お問い合わせ先

国際政策課旅券班

仙台市青葉区本町3丁目8番1号

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は