ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成24年度学校基本調査結果確報

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月20日更新

データをご利用される際は “ こちら ” をご覧ください。

平成24年度学校基本調査結果確報(宮城県値)

1 目的

この調査は昭和23年から毎年実施しており,学校に関する基本的事項を調査し,教育行政上の基礎資料を得ることを目的としています。

2 学校種別 学校数・学級数・在学者数及び教員数(本務者)

学校種別 学校数、学級数、在学者及び教員数(本務者)
 H24学校数対前年度増減数H24学級数対前年度増減数H24在学者数対前年度増減数H24教員数(本務者)対前年度増減数
小学校438校-11校5,295学級-101学級123,975人-1,663人8,117人-62人
中学校220校-4校2,387学級-17学級64,906人-157人4,921人3人
高等学校全日制 93校-60,489人99人4,341人-7人
全日制のうち定時制を併置6校-
全日制のうち通信制を併置1校-1校
高等学校定時制  7校-1校1,935人-230人294人7人
高等学校通信制  1校1校(1,625人)(-419人)(31人)(0人)
中等教育学校2校-19学級-1学級1,107人-41人96人-3人
特別支援学校23校-602学級4学級2,433人66人1,433人26人
幼稚園290校-6校1,419学級9学級33,070人1,928人2,327人16人
専修学校 66校3校17,681人-490人997人0人
各種学校 23校1校1,665人209人112人-3人
1,163校-17校9,722学級-106学級307,261人-279人22,638人-23人

注1 …印は調査しない項目

注2 中等教育学校の学級数は,前期課程のみ

注3 高等学校通信制の在学者数・教員数については外数で,計に含めていない 

 

3 長期欠席者

1.小学校

長期欠席者(小学校)
区分病気経済的理由不登校その他全児童数に占める不登校者率
平成17年度間1,089人575人1人422人91人0.3%
平成18年度間1,089人622人2人417人48人0.3%
平成19年度間1,027人513人-450人64人0.3%
平成20年度間925人399人-439人87人0.3%
平成21年度間815人342人1人400人72人0.3%
平成22年度間897人372人-417人108人0.3%
平成23年度間1,056人444人-431人181人0.3%

 

2.中学校

長期欠席者(中学校)
区分病気経済的理由不登校その他全生徒数に占める不登校者率
平成17年度間2,469人450人-1,938人81人2.8%
平成18年度間2,554人397人1人2,097人59人3.1%
平成19年度間2,678人403人1人2,203人71人3.3%
平成20年度間2,553人343人-2,123人87人3.2%
平成21年度間2,456人339人1人2,022人94人3.0%
平成22年度間2,403人309人-1,991人103人3.0%
平成23年度間2,301人275人-1,914人112人2.9%

 

4 卒業後の状況調査

1.中学校卒業者

中学校卒業者の卒業後の状況
区分

A

進学者

B

専修学校進学者

C

専修学校等入学者

D

公共職業能力開発施設等入学者

E

就職者

F

左記以外の者

G

死亡・不詳の者

H

ABCDのうち就職者(再掲)

I

就職者総数(E+H)

21,834人21,615人7人2人1人30人178人1人7人37人
11,147人11,020人5人0人0人22人99人1人7人29人
10,687人10,595人2人2人1人8人79人0人0人8人

2.高等学校卒業者

高等学校卒業者の卒業後の状況
区分

A

進学者

B

専修学校進学者

C

専修学校等入学者

D

公共職業能力開発施設等入学者

E

就職者

F

一時的な仕事に就いた者

G

左記以外の者

H

死亡・不詳の者

I

ABCDのうち就職者(再掲)

J

就職者総数(E+I)

19,779人9,159人3,504人1,202人289人4,483人271人841人30人39人4,522人
9,917人4,430人1,433人659人249人2,597人72人465人12人3人2,600人
9,862人4,729人2,071人543人40人1,886人199人376人18人36人1,922人

注1 「F 一時的な仕事に就いた者」は平成16年度調査から追加された項目(高等学校のみの調査項目)

 

5 統計表

平成24年度学校基本調査報告書へ


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)