ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

全国消費実態調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月30日更新

利用にあたって

 全国消費実態調査のデータを使用する際には,こちらを御覧ください。

 利用にあたって:総務省統計局ホームページ

平成26年全国消費実態調査の概況〈宮城県の概要〉

 総務省統計局が公表した「平成26年全国消費実態調査結果」のデータを用いて,宮城県の二人以上の世帯の概況をとりまとめましたので,お知らせします。

 

 全国消費実態調査は,国民生活の実態について,家計の収支及び貯蓄・負債,耐久消費財,住宅・宅地などの家計資産を総合的に調査し,全国及び地域別の世帯消費・所得・資産に係る水準,構造,分布などを明らかにすることを目的として,昭和34年(1959年)のから第1回調査以来5年ごとに実施しており,平成26年は12回目の調査です。

 調査は,二人以上の世帯については,平成26年9月~11月の3か月間単身世帯については,10月,11月の2か月間実施しました。

 市については,平成26年1月1日現在の全ての市を調査しました。町村については,929町村から212町村を調査しました。 

 宮城県では,13市全てと6町(大河原町・村田町・川崎町・利府町・大和町・涌谷町)の19市町を調査しました。

 調査対象の単位区(1調査単位区は平成22年国勢調査単位区の近隣する2調査区)は,調査市町村の中から合計4,696調査単位区を選定しました。調査世帯は,二人以上の世帯は各単位区の中から11世帯を統計抽出し,全国で51,656世帯,単身世帯は全調査単位区の中から1世帯を統計抽出し,4,696世帯を調査しました。

 宮城県では,70調査単位区が選定され,二人以上の世帯は770世帯,単身世帯は70世帯の調査となりました。最終的に集計された世帯は,二人以上の世帯750世帯(うち勤労者世帯は383世帯),単身世帯は67世帯(うち勤労者世帯は19世帯)となりました。

主要調査結果

1 二人以上の世帯の家計収支の状況

   二人以上の世帯の1か月平均支出は,1世帯当たり295,630円であった。

  消費支出に占める費目別消費支出の割合を前回平成21年と比べると,「食料」,「交通・通信」,「光熱・水道」などが上昇しており,「教育」,「教養娯楽」,「住宅」などが低下している。

  消費支出に占める費目別消費支出の割合をを全国平均と比べると,「交通・通信」,交際費などの「その他の消費支出」,「光熱・水道」などが多く,「教養娯楽」,「住居」,「教育」などが少ない。

 

費目別消費支出額及び割合
 平成21年宮城県平成26年宮城県平成26年全国
世帯人数(人)3.423.213.03
世帯主の年齢(歳)54.857.457.3
消費支出(円)311,136295,630292,882
費目金額(円)構成比(%)金額(円)構成比(%)金額(円)構成比(%)
食料(円)68,81922.170,22823.872,28024.7
住居(円)18,3565.914,6735.017,6606.0
光熱・水道(円)22,2877.223,5788.020,9677.2
家具・家事用品(円)9,5483.110,8393.710,1363.5
被服及び履物(円)12,7374.111,3883.911,8644.1
保健医療(円)14,4054.612,7774.312,9074.4
交通・通信(円)50,96416.451,89617.645,13615.4
教育(円)14,7424.710,8633.713,3874.6
教養娯楽(円)29,9349.625,1638.529,19610.0
その他の消費支出(円)69,34522.364,22621.759,35020.3

 

 世帯主の年齢階級別1世帯当たりの平均消費支出額は,45~54歳の年齢階級がピーク。

 45~54歳の階級の「教育」,「交通・通信」の消費支出割合は,他の年齢階級と比べて高い。

世帯主年齢階級別消費支出
世帯主年齢階級35歳未満35~44歳45~54歳55~64歳65~74歳75歳以上
消費支出260,170294,166384,626304,106264,705246,751

世帯主年齢階級別消費支出の割合

収支

2 二人以上の世帯の貯蓄・負債の状況

    貯蓄現在高が最も多いのは,世帯主が60歳以上の世帯。

   負債現在高が最も多いのは,世帯主が35~39歳の世帯。

世帯主の年齢階級別貯蓄現在高及び年間収入

貯蓄現在高

世帯主の年齢階級別負債現在高及び持ち家率

負債現在高

 

 

3 二人以上の世帯の主要耐久消費財の所有状況

  普及率を前回平成21年と比較すると,IHクッキングヒーター,空気清浄機などが増加している。

普及率

 

品目

平成21年普及率

(%)

平成26年普及率

(%)

上昇・低下幅

(ポイント)

普及率の

上昇幅が大きい

耐久消費財

IHクッキングヒーター

空気清浄機

自動炊飯器(遠赤釜・IH型)

軽自動車(国産車)

温水洗浄便座

17.2

31.8

81.9

38.6

62.0

27.4

40.6

89.4

45.2

68.6

+10.2

+8.8

+7.5

+6.6

+6.6

普及率の

低下幅が大きい

耐久消費財

携帯電話(PHS含み,スマートフォンを除く)

食器戸棚(作り付けを除く)

鏡台(ドレッサー)

書斎・学習用机(ライティングデスクを含む)

ビデオカメラ

93.7

93.8

60.9

60.5

44.7

73.3

75.2

51.8

54.3

40.3

-20.4

-18.6

-9.1

-6.2

-4.4

 

 

4 二人以上の世帯の資産の状況

   前回平成21年と比べると,家計資産額は減少している。特に宅地資産額が減少している。

家計資産

資産

資産
項目平成21年平成26年 
 実数構成比(%)実数構成比(%)増減率(%)
世帯主の平均年齢(歳)54.5 57.4  
平均世帯人数(人)3.42 3.22  
宅地保有率(%)76.2 79.5  
住宅保有率(%)78.6 81.6  
自動車保有台数(1,000世帯あたり)1,716 1,676  
家計資産(万円)(ア+イ)2,7981002,512100 
ア 金融資産(貯蓄-負債)(万円)64923.271028.3+9.4
貯蓄現在高(万円)1,13740.61,20648.0+6.1
負債現在高(万円)-489-17.5-496-19.7+1.4
イ 実物資産(万円)2,15076.81,80271.7-16.2
宅地資産(万円)1,57156.11,22348.7-22.2
住宅資産(万円)45716.345618.2-0.2
耐久消費財等資産1174.21214.8+3.4
会員権の資産(万円)40.130.1-25.0
  1. 調査の概要 [PDFファイル/1.19MB]
  2. 家計収支のランキング [Excelファイル/146KB]
  3. 主要耐久消費財のランキング  [Excelファイル/214KB]
  4. 家計資産のランキング [Excelファイル/82KB]

 

全国及び他都道府県の調査結果についてはこちらから(政府統計の総合窓口 e-Statへリンクします)

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)