ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす畜産課エコフィード原料供給者が留意すべき事項について

エコフィード原料供給者が留意すべき事項について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

エコフィード供給原料における主な注意点

  • 食べ残しは,事業者の目の届かないところで,異物や有害なものが混入する可能性があるので,確実に異物等を除去できる場合以外は使用しないでください。
  • かびの発生及び腐敗が認められるものは,使用しなでください。
  • 異物や有害な物質な混入しないように,確実に分別・保管してください。
  • 動物(牛,豚,羊,鶏,魚介類など)由来たん白質は,反すう動物(牛,羊など)用飼料としては使用できません。
    (ただし,乳,乳製品,卵,卵製品は使用できます。)
  • 食品製造副産物としての反すう動物(牛,羊など)由来たん白質は,飼料として使用できません。
    (ただし,乳,乳製品,卵,卵製品は使用できます。)
    (余剰食品,調理残さ等に含まれるものは,豚用・鶏用飼料として使用できます。)
動物由来たん白質の使用可否
動物性 原料 給与対象畜種
食品製造副産物××××
余剰食品,調理残さ等××
乳,乳製品
××
××
卵,卵製品
××
ゼラチン,及びコラーゲン
(大臣確認済みのもの)


  こちらもお読み下さい!

食品残さ等利用飼料の安全性確保のためのガイドライン(平成18年8月30日農林水産省消費・安全局長通知)[PDFファイル/274KB]

 
 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)