ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業土木・建築・不動産業建設業宮城県土木部における工事関係書類簡素化について(平成26年4月1日以降適用)

宮城県土木部における工事関係書類簡素化について(平成26年4月1日以降適用)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月1日更新

 東日本大震災からの一日も早い復旧・復興を成し遂げるには,膨大な予算を確実に執行するとともに,工事の円滑な施工確保を図っていく必要があります。一方,建設業団体や部内の各地方公所との意見交換においては,工事関係書類の簡素化が求められています。このため,工事監督や検査,施工管理等を中心に工事関係書類の簡素化について検討してきましたが,平成26年4月1日より可能なものから段階的に実施するものです。

1 試行要領について

  ・宮城県土木部における工事書類簡素化の試行要領(平成26年4月1日以降適用)[PDFファイル/336KB]

※本要領は平成26年4月1日以降に指名競争入札通知または公告を行う工事,それ以前の工事については発注者と受注者が協議のうえ当分の間,適用となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)