ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

個人型確定拠出年金加入手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月7日更新

 加入手続きについて

 

 本人が取扱金融機関で手続を行うこととなりますが,職員が加入を希望した場合,制度を所管する国民年金基金連合会に対し,加入時等に事業主が当該職員の加入資格を証明する手続が必要となります。

   事務処理の流れ [PDFファイル/243KB]

   加入申込時の事務処理フロー【共済組合員】 [PDFファイル/115KB]

   加入申込時の事務処理フロー【会計年度任用職員等(県立学校・事務局)】 [PDFファイル/109KB]

   加入申込時の事務処理フロー【会計年度任用職員等(小・中学校)】 [PDFファイル/114KB]

 

事業主証明等について

   下記から提出書類をダウンロードしてください。

     ダウンロードして使用できる様式一覧 宮城県教育庁編(福利課)

 

1. 公立学校共済組合員である職員(組合専従者を除く。)

       福利課で事業主証明手続を行います。

 提出書類

  (1) 添書【別紙様式1】

  (2) 第2号加入者に係る事業主の証明書(共済組合員用)

      ※「申出者」欄に記入してください。(「事業主」欄は記入不要)       

  (3) 基礎年金番号等の取得及び利用の取扱いに関する同意書【宮城県教育委員会(福利課)用】

  (4) 基礎年金番号の確認できる書類(A4版サイズで提出)

      ※年金手帳の写し,ねんきん定期便の写し,給付算定基礎額残高通知書の写し

  ・「ねんきん定期便」は誕生月に,「給付算定基礎額残高通知書」は7月下旬頃に個人あて送付されています。

  (5) 基礎年金番号等の提供に関する同意書【学校共済用】

      ※やむを得ず(4)の書類が添付できない場合にご提出ください。

 書類提出先  

宮城県教育庁福利課企画管理班

          (小中学校においても,教育事務所を経由せず直接提出してください。)

 

 令和2年3月現在,公立学校共済組合員以外の職員(臨時的任用職員等)だった方で,「個人型確定拠出年金」に加入されている方へ
  •  制度改正により,令和2年4月1日以降,臨時的任用職員は共済制度が適用されることから,公立学校共済組合員となります。そのため,「個人型確定拠出年金(iDeCo)」については,ご自身が加入している運営管理機関に,加入者登録事業所変更届等を提出する必要があります。 

  •  手続きに関する詳細につきましては,各自,加入されている運営管理機関に電話等で確認願います。

  •  運営管理機関に「第2号加入者に係る事業主の証明書(共済組合員用)」を提出する場合,事業主の証明は福利課で行います。上記提出書類を,学校を通して提出してください。

  

 

2. 公立学校共済組合員以外の職員(会計年度任用職員等)

             各所属で事業所登録及び事業主証明を行います。 

          ※小・中学校においては,各教育事務所が事業主となります。 

 書類提出先  

県立学校・事務局 : 各所属で対応

小・中学校      : 各教育事務所


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)