トップページ > 防災・安全 > 大規模災害 > 防災対策・システム > 宮城県流域下水道ストックマネジメント計画について

掲載日:2019年4月1日

ここから本文です。

宮城県流域下水道ストックマネジメント計画について

宮城県が管理する流域下水道施設を適切に管理していくためには,中長期的な視点で下水道施設全体の今後の老朽化の状況を考慮し,リスク評価等による優先順位に基づく施設の改築更新を進めるとともに,事業費の平準化が重要である。持続可能な下水道に向け,ライフサイクルコストの低減と予防保全型施設管理の導入による安全の確保等,施設全体の改築更新・維持管理を最適化するため,ストックマネジメント計画を策定するものである。

対象施設

7流域 処理場・ポンプ場施設 約620施設

管路施設 約54km

対象期間

平成30年度~平成49年度(20年間)

投資額

約700億円

宮城県流域下水道ストックマネジメント計画(概要版)(平成31年3月)(PDF:1,714KB)

お問い合わせ先

水道経営課施設管理班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:022-211-3416

ファックス番号:022-211-3499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は