ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

浄水施設の説明

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月28日更新

取水・導水・浄水施設について

七ヶ宿ダム

七ヶ宿ダムの写真です

当浄水場は,七ヶ宿ダムを水源として仙南・仙塩地域17市町に対して水道水を供給しています。
昭和51年から建設工事に着手し平成3年に完成,有効貯水容量は9千9百50万立方メートルの国土交通省管理のダムです。 

国土交通省東北地方整備局七ヶ宿ダム管理所へ
「七ヶ宿ダムの富栄養化の状況」へ

取水搭

取水搭の写真です

七ヶ宿ダム湖水の取り入れ口です。
湖水は季節,天候その他により水質が変化するため,ここは取水する深さを選べる「選択取水」が可能となっています。水温、濁度、pH等の水質変化を常時監視しつつ,浄水場での浄水処理が簡易になるよう最もきれいな層からの取水を基本とし,南部山浄水場から遠隔操作しています。
6段の筒状ゲートが伸縮(釣り竿状に伸縮)することにより選択取水する構造です。また,塔の外周にはスクリーンを回し塵芥の侵入を防止しています。

導水施設

取水塔から南部山浄水場までの導水管路,導水流量調整施設等から構成されています。
導水管路は総延長12kmで山中(地中)のトンネルと谷間(地上)の水管橋があり,七ヶ宿ダムと南部山浄水場の高低差による自然流下となっています。導水流量は供給17市町の希望送水量に基づき,南部山浄水場からの遠隔操作により調整します。

着水井

着水井の写真です

原水(ダムから取水した浄水処理前の水)の受入口です。
浄水場へ流入する原水の水位動揺を安定させます。

フロック形成池

フロック形成池の写真です

原水に凝集剤(PAC(ポリ塩化アルミニウム))を注入し,水中の小さなゴミを凝集させたものをフロックと呼びます。
フロック形成池では,フロック形成を促進するために水中の水車で撹拌を行っています。

沈殿池

沈殿池の写真です

フロックを沈める池です。
上澄みをろ過池に流入し,フロックはここで自重により沈降・堆積します。掻寄機で底部の堆積物を掻き集めてから引き抜き,その後脱水機で脱水します(脱水後の土のかたまりを脱水ケーキと呼びます)。

ろ過池

ろ過池の写真です

沈殿池で沈殿しきらないゴミ等を除去する池です。
砂や砂利により構成されるろ層はゴミ等が蓄積することにより目詰まりするため,洗浄できる仕組みになっており,定期的に洗浄を行っています。

塩素混和池

塩素混和池の写真です

ろ過した水に塩素を注入する池です。
ここでの塩素による消毒で浄水場内での処理を終え,場外へ送水されます。

脱水ケーキ

脱水ケーキの写真1脱水ケーキの写真2

脱水ケーキ(脱水機で脱水された土のかたまり)は年間約2,100トン発生しており,震災前までは学校等のグラウンド材料を製造する会社に原料として売却していました。現在は放射線の影響があるため、売却を中止しています。

中央監視室

中央監視室の写真です

場内外の流量や水位,機器の運転状態等を常時監視するための室です。
良好な水質を維持するために各値の変化にあわせて機器を遠隔操作する必要があることから,夜間や休日も常時中央管理室には操作員が働いています。