ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす仙南・仙塩広域水道事務所送水管の近くで工事を施工する場合の手続

送水管の近くで工事を施工する場合の手続

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月28日更新

広域水道送水管の近くで工事を施工する場合は、事前に当事務所に協議願います。

これは当広域送水管が高水圧で広域に送水している水道管であるため,一旦事故が起きると影響が広範囲にわたり復旧に相当な時間を要することになるので,安全に施工していただくためのものです。

協議対象工事

埋設表示看板の写真です

埋設表示看板

当所送水管からおおむね2mの範囲内において掘削を伴う工事を施工する場合。
(送水管埋設箇所周辺には埋設表示杭や埋設表示看板を設置しています。)

協議の方法

とりあえずはご連絡ください!!
施工箇所の平面図及び横断図に当所送水管の位置を記載し,近接工事協議書 [PDFファイル/33KB]に添付してください。埋設物又は工作物の設置にあたっては地下埋設協議基準 [PDFファイル/972KB]に基づいた離隔の確保をお願いします。

協議の時期

協議にはある程度の時間を要しますので,当該工事を施工する2週間前くらいまでに提出されるようお願いします。

※なお、ご不明な点がありましたら当事務所総務班までお問い合わせください。本文ここまでです


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)