ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

QandA

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月28日更新

このコーナーは仙南・仙塩広域水道事務所南部山浄水場の施設見学にこられた方々から多く寄せられた質問の回答です。

Q1 水はどうやって,ダムから浄水場まで運ばれ,遠くまで送るのですか。

A1
ダムから浄水場までは約12kmのトンネルを通って運ばれてきます。浄水場からは約200kmの水道管を通って松島町や山元町まで水を送っています。
水は高いところから低いところに流れます(自然流下といいます)それを利用しています。

Q2 浄水場には何人の人が働いていますか。

A2
だいたい,50人の人が働いています。

Q3 水はどうやって貯めているのですか。

A3
コンクリートの大きな水槽を地下に作って貯めています。
南部山浄水場には,46,000立方メートルの水がいつも貯めてあります。

Q4 水がきれいになるのに,何時間かかりますか。

A4
約3時間です。

Q5 水は一日にどの位(何立方メートル)作っているんですか。

A5
1日に約30万立方メートルを作る能力があります。今は約20万立方メートル(学校のプール550杯分)位を作っています。

Q6 水をきれいにする薬品は,どのくらい使いますか。

A6
1日に約200,000立方メートルの水をきれいにするために薬品(ポリ塩化アルミニウム【通称PAC】)を約3トン,消毒するために薬品(塩素)を約200kg使います。

Q7 水道管の太さはどのくらいですか。

A7
いちばん大きなもので直径が2.40mあります。細いものでは、直径15センチメートルの水道管を使っています。

Q8 南部山浄水場で作られた水は,どうやって家までたどり着くのですか。

A8
南部山浄水場で作った水は、送水管を使って市や町の配水池まで送られます。配水池からは市や町の水道管を通ってみなさんの家まで運ばれます。

Q9 この浄水場ができる前はどこで水を作っていたんですか。

A9
市や町で水をつくっていました。あるいは各家で井戸を持っていました。

Q10 わたしたちに協力してほしいことは何ですか。

A10
ダムや川や湖を汚さないことです。

Q11 川や道路を横断している送水管から水滴が落ちてくる事があります。漏水ですか?

A11
6月から8月頃は気温、湿度が高いため、送水管で冷やされた空気中の水分が水滴となって落ちてきます。これは、結露という現象で漏水ではありません。 本文ここまでです