ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

巣箱の掃除をしよう!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年2月2日更新

 春先に架設した巣箱から,今年も多くのヒナが巣立ったことと思います。
 巣立ち後の巣箱はキチンと掃除をしてあげましょう!
 中の巣材を取り除き,出来れば熱湯消毒をした上で,板の「割れ」や釘等の「ゆるみ」を補修します。
 キチンと掃除をすることで,また来年も小鳥たちが巣箱を利用してくれるハズです。
 利用されなかった巣箱も「クモの巣・ハチの巣」等を取り除き,来年に備えてください。
 掃除の時には中に何がいるか分からないので,「軍手」をつけケガ等には十分注意して行ってください。
 また,撤去した「巣材」は巣箱周囲の環境を調べる上でも格好の材料です。
 市街地に架設した巣箱には「ビニールひも」等の人工物が多く使われているでしょうし,
 自然の豊かな場所では「クモの巣やコケ」等の自然物が使われているでしょう。
 場所ごとや年度ごとに巣材の表を作ってみると,思いがけない「発見」があるかもしれません。