ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

風致地区

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月1日更新

風致地区

 風致地区は,都市計画法第8条に定められている地域地区のひとつで,同法第9条第22項に「風致地区は,都市の風致を維持するため定める地区とする。」とされており,都市計画によって定められています。
 主には,都市内の,樹林地,丘陵,渓谷,水辺などの良好な自然景観を形成している地区や歴史的な人文景勝地について,建築物の建築,宅地の造成,木竹の伐採などを規制し,都市の自然景観や良好な都市環境の維持を図るために定められています。 

宮城県内の風致地区

 風致地区内では,市町村の条例により建築物の建築その他工作物の建設などの行為が規制されます。 詳しくは,下表に記載の市へお問い合わせください。

宮城県内の風致地区
 市町村風致地区名面積決定年月日担当課電話番号
仙台市大年寺風致地区67.2ha昭和45年6月9日建設局百年の杜推進部
百年の杜推進課
022-214-8392
八木山風致地区93.9ha
愛宕山風致地区8.6ha
霊屋風致地区10.6ha
大崎八幡風致地区6.0ha
北山風致地区13.3ha
台原風致地区3.2ha
安養寺風致地区68.1ha
白石市白石風致地区25.0ha昭和45年6月9日建設部都市整備課0224-22-1325
大崎市鳴子風致地区143.0ha昭和43年12月19日建設部都市計画課0229-23-8069

 白石風致地区,鳴子風致地区における行為の許可等については,平成27年4月1日から県条例に代わり,白石市,大崎市の各条例に基づきそれぞれの市が事務を取り扱うこととなりました。仙台市内の風致地区については,改正法の施行前から,仙台市の条例により規制されています。

 

[みやぎ景観ポータルサイトに戻る]