ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす自然保護課標識のついている鳥を見つけたら

標識のついている鳥を見つけたら

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年2月5日更新

1 標識のついた鳥とは

 足環や首輪等の標識をつけた鳥には,次の2種類があります。

  1. 国等がおこなう標識調査のためにつけられた野鳥
  2. レースバトを飼育している人がつけたハト

 

2 標識調査って何?

 日本に生息している野鳥は約590種類ですが,その中には夏に東南アジア方面から繁殖のためにやってくる「夏鳥(ツバメ等)」や,冬にシベリア方面から越冬のためにやってくる「冬鳥(ハクチョウ等)」,さらに春秋に越冬地と繁殖地の中間の中継地として訪れる「旅鳥(シギ・チドリ類等)」がいます。
 また,一年中私たちの身の回りにいるスズメ等の「留鳥」も私たちが思っている以上の移動をしています。
 このような野鳥たちの移動を解明することは,野鳥たちの生活を知る上で重要なことです。
 そこで,国(環境省)では足環や首輪等を野鳥につけて放し,その後の観察や回収によって野鳥たちの移動についての情報を得る調査をしています。

3 標識のついた鳥を見付けたときの連絡先

 (1) 標識調査の場合

  • 「KANKYOSYO / KANKYOCYO TOKYO JAPAN ・・・ 」と記入がある足環
    各都道府県鳥獣保護担当部署
    宮城県の場合:各地方振興事務所林業振興部(気仙沼は農林振興部)
    宮城県環境生活部自然保護課野生生物保護班

 (2) レースバトの場合

 

ヒシクイ

 

(02.1.9 鹿島台町深谷地区で確認された標識ヒシクイ 白F92)