ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす仙台家畜保健衛生所家畜伝染病予防事業の内容です

家畜伝染病予防事業の内容です

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月24日更新

目的

家畜伝染病及び家畜伝染性疾病の発生予防並びにまん延防止

方針

早期診断・検査・抗体調査・事故防止・衛生指導 
家畜伝染病予防事業

主たる事業

(1) 乳用牛・肉用牛:ヨーネ病検査(法5条に基づく定期検査 [定期検査計画表 [PDFファイル/354KB]・導入等),

             ブルセラ病・結核病検査(サーベイランス),牛海綿状脳症(BSE),生産性を損なう各種疾病等    

(2) 豚:オーエスキー病検査(モニタリング)、豚コレラ(清浄性維持)、生産性を損なう各種疾病検査

(3) 鶏:鳥インフルエンザ検査,ニューカッスル病検査,生産性を損なう各種疾病検査等           

(4) 馬:馬パラチフス検査,馬伝染性貧血検査    

(5) みつばち:ふそ病検査          

(6) 飼養衛生管理基準の遵守状況確認と改善指導

 ★検査手数料(畜産関係手数料等一覧)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)